HOME > パワプロ13

パワプロ13のマイライフ概要


このページはパワプロ13について解説してます。

2006年の7月13日に発売。
ハードはプレイステーション2。
本作からキャッチャーウインドウが廃止されたことで、打撃操作が変化した。

それを配慮してか無印版では過剰に球速の体感速度が遅く、打球が飛びやすいことがユーザーに不評だった。
決定版では体感速度は修正されているものの、打球が飛びやすい性質はそのままであった。

ゲーム業界は昨年から台頭してきたニンテンドーDSが世間に大ブームを引き起こした。
「New スーパーマリオブラザーズ」や「脳トレ」といったタイトルがこれまでゲームに関わりがなかった者にも広く遊ばれ、公共の場では女性やお年寄りまでもDSを遊んでいる光景も珍しくなかったほどである。

さらにその勢いのまま発売されたWiiは、リモコン操作によって固定概念を打ち壊す操作性を実現したことから世間の注目を集め、これも大ヒットの様相を呈していた。



前作との変更点

従来のモードに加えて、
・選手兼任監督となって現役最後の一年間をプレイする『プレイングマネージャー編』
・助っ人選手となり1年以内にチームを優勝へ導く『優勝請負人編』
・実在選手の一人を選択してプレイする(ただしプレイ後の、強化した状態の保存は不可)『憧れ現役選手編』が追加された。

また本作のペナント・マイライフから、シーズン中に限り試合をCOMに一任する『早送り』(試合の演出はカット)が導入され、より快適なプレイが楽しめる。

さらに、フリーの時間に行ける『道場』が登場し、基礎能力上昇、特殊能力や特殊変化球取得が可能な他、 通い続けることで能力値の限界を越えて成長できるようになった。

他にも、チームの状況や選手の活躍によって変化し、チーム全体の調子に影響する『雰囲気システム』が新たに導入された。
余談だが、従来のマイライフと異なり、彼女候補含め登場人物のグラフィックは正面(プレイヤー)を向いたものとなっている。この演出法は本作から『PSP版2010』まで採用された。

PR

古美術品 買取
古美術 風来坊では、九州を中心に幅広い品目の高価買取りを行っています。旧家の解体、蔵の片付け、遺品整理、生前整理で骨董品の整理をされる方はぜひご相談ください。知識を持つ専門スタッフが納得の金額を提示します。
www.kobijutsu-fuuraibou.com/